額のサンプルできました。

5D3_1087

写真撮影も依頼して、せっかく結婚式をあげたのに、写真がパソコンの中に眠っているだけ、というは悲しい。

そんな悲しい思いをしないために、結婚式写真には「アルバム」というものがずっと昔から付き物で、
アルバムに関しては、日本とニューヨークの印刷屋さんで作られたものを用意しています。
ただ、アルバムは大体のお客様が本棚に閉まっていて、たまに開く程度。
もちろんそれでアルバムとしての役割を全うしていると思うのですが、
別の意味で、日常の生活の中に写真がある生活を送ってほしい。
いつも目に見えているような写真が、1枚くらいあってもいいんじゃないの?という思いもずっと抱いていました。

僕はカメラマンという職業柄か、
家中には色々な写真/ポスター/絵など、もちろん自分の結婚式の写真も1枚だけ飾っていますが、
あまりそういう文化がないのが日本。
自分たちの1大ライフイベントの写真がいつも目に入るところに飾ってあるって、
人生を豊かにさせてくれる気がするんです。
もし将来、お子様が生まれたら、
その写真を見て、何かを感じてくれるかな、とも思うのです。

僕の自宅に飾ってある結婚式の写真も、
子供達が見て、「ママがシンデレラだ」と最近ドハマリ中のシンデレラと被らせて、
ママ可愛いねーと言っています。

そんな人生を豊かにさせてくれる(かもしれない、笑)フォトフレームをつくる上で、
シンプルで飽きがこない、上質なものを作りたいという前提で、
・フレームはプラスティック製や集成材はもちろんだめ、古さが味となっていく無垢材一択。
・無垢材を使う4辺はそれぞれ木で繋いだもの。ホチキスとボンドで止めましたというものは論外。
・無垢材には反りがつきものなので、乾燥が気になる表面はオイル塗装をして、反り防止。
・写真の印刷は、どうなるかわからないインクジェット印刷は論外として、銀塩印刷一本。
・写真を囲う余白部分は、飽きが来ないシンプルな王道ホワイト台紙で決まり。
とほぼ即決で方向性は決まったのですが、笑、
そこから長かった。。

サイズやら、どのオイルを使うのやら、
ホワイト台紙の厚さとか、
印刷をどこの印刷屋で行うなど。。
半年かかりました。。

結果として、
ナラ材という無垢材をツヤっと優しくオイル塗装して、
スッキリ透明感抜群なアクリル板で写真を保護、
写真自体にも湿気によるシワやソリがでないように、
裏打ちを行い、
完全にやりたいことをやりつくした額ができあがりました。
結婚式を撮り始めたことからの夢だったので、
かなり自分的には嬉しいです。

もちろん無垢材の額なので、
時間とともにワレやヒビ、ソリなどで出てくることはあります。
ただ、ずっと家族とともに成長していけるフォトフレームになることは間違いありません!
巷のおしゃれインテリアショップや大衆家具屋さんでも買えるような、程良くカッコ良くて可愛い額もいいですが、
是非本物の額、お打合せの際、手にとってご覧ください。

かなり自己満足なwww、この額、
きっと気に入っていけるはず。

オフィスに額の在庫が大量にあるので、
一つ一つ丁寧にお客様にお渡ししていきたいと思います。

5D3_1091

5D3_1119

5D3_1109

5D3_1105

5D3_1102

ーーーーー
ホームページはトップページよりご覧ください。
結婚式写真撮影|ウェディングピクチャーズ

最近はインスタグラムに写真をたくさん載せています!
Instagram|ウェディングピクチャーズ

お問い合わせは下記CONTACT BOXから、もしくはCONTACTページからお願いします。
CONTACTページ

CONTACT
撮影予定日の空き状況など、まずはお気軽にご相談ください。
TEL:03-6386-4435
(カメラマン斉藤の携帯電話へ転送されます。)
お問い合わせ

TO TOP