写真の額装、年末年始のお知らせ

フォトフレーム

2015年も残すところあと僅か。
朝、外の空気を吸いにドアを開けると、日に日に空気の冷たさが増していっているように感じます。

今年も1年、無事撮影を終える事ができ、
たくさんの新郎新婦さまとお会いできたことを大変嬉しく思います。
ありがとうございます。

年末年始、明後日30日(水)〜年明け11日(月)までお休みをいただきますので、
メール等のご返信は12日以降順次行っていきます。
ご迷惑おかけいたしますが、どうぞご理解のほど、よろしくお願いいたします。

さて、今日と明日残りも2日となったお仕事ですが、
編集の合間を縫って、待ちに待っていたあるものを取りに、家具製作所へお邪魔しました。
カメラマン斉藤の地元、湘南茅ヶ崎にある家具屋さんへデザイン・規格化をお願いし、
無垢材を使った正真正銘国産のウッドフォトフレーム。

「結婚式の写真をどのように保存してもらうべきか」
という永遠の命題ともいえる問いと、結婚式写真を撮っているものとして日々向き合った結果、
まず第一ステップとして、写真を皆さまのご自宅へ飾ってもらいたい、と思い至るようになりました。
もちろん写真集としてのアルバムも是非作っていただきたいですが、一番お気に入りの一枚を、
日々の生活の中で大切にしていってもらいたいのです。

おそらくかなりの長い期間、もしかしたらこれからの人生ずっと飾られるかもしれない写真を
ホームセンターで購入できるような安価で作りの荒い額に入れたり、
見た目が可愛いという理由でキャンパス地に印刷したむき出しのパネルで保存したり、
保全性耐久性に疑問符が湧くインクジェットプリンターで印刷したものでは撮り手としては到底納得出来るものではありませんでした。

しっかりと保存され、経年劣化のできるだけ少なく、無垢材をつかった写真へ優しい額。
写真のもつ魅力を引き立て、ずっと包み込んでくれるような額。
ちょっと言い過ぎましたかね。。笑

兎にも角にも「良い額」というものに収めた二人の結婚式写真を一枚、ご自宅へ飾ってもらいたい、
ただそれだけなんです。
来年のウェディング撮影を頂いたいるお客様より順次ご案内しようと思っております。

それでは皆さま良いお年を。
斉藤

フォトフレーム

フォトフレーム

フォトフレーム

フォトフレーム

CONTACT
撮影予定日の空き状況など、まずはお気軽にご相談ください。
LINE@で質問する
お問い合わせ

TO TOP